不妊治療について

不妊治療を考えてみる

日本は国民皆保険の制度があります。病気になった時や怪我をした時に、治療の為に病院に掛かった時には一部の負担金を支払えば診察して貰えます。 しかし、保険適応外の治療になってしまう病気もあるのです。それが不妊症です。 不妊症と診断されるまでの検査などは保険治療の対象となりますが、不妊治療にかかる費用は全額自己負担になるのです。また、不妊治療は自由診療になりますので治療に掛かる費用は病院によって変わって来ます。 不妊治療はゴールの無いマラソンの様と言われます。それは多くの費用を掛けても妊娠に至るとは限らないからです。 最近では少子化対策の一つとして自治体から援助を受けられるケースも増えて来ているのでうまく利用して、負担を軽くしたいものです。 また、医療は日進月歩だと言われています。昔ですと、卵巣の病気になったりすると出産をあきらめなければなりませんでしたが、今はあらかじめ卵子を採取し、凍結保存することも可能になりました。 また、体外受精では受精卵を一度に体内に戻すと多胎妊娠のリスクがあるため、受精卵の凍結保存も可能になりました。生殖医療は日々進歩しているのです。

治療を始めるタイミング

不妊症と診断せれた場合、一刻も早い治療の開始をお勧めします。なぜならば、若いほど妊娠に至る確率が高いからなのです。 原因があれば早めに取り除き、早く治療に取り掛かることによって治療をする時間を長く得る事が出来ます。歳月が経過するほど子宮や卵巣の働きが劣化します。また、男性不妊の場合も同じで精子の動きが悪くなったり、数が少なくなる可能性があるのです。 また、自治体からの不妊治療に掛かる費用の援助も、高齢になると助成の回数が少なくなったり打ち切りになってしまう場合がありますので、早い治療が望まれます。 不妊治療は夫婦二人で乗り越えるものです。どちらに原因があるにしても二人の努力が無ければ成功はしません。お互いの理解と努力で乗り切りたいものです。